UQ WiMAXの速度制限は厳しい?まさか解除されにくい?

UQ WiMAX速度制限はどのようになっているのでしょうか?もし速度制限が厳しかったら快適にWiMAXを使うことができませんよね。

せっかく高速通信ができるWiMAXなんですから、速度制限もなく快適に使いたいところだと思います。

今回の記事ではUQ WiMAXの速度制限について詳しく解説していきます。契約後に不便を感じないようにぜひ今回の記事の内容をチェックしてみてくださいね!

 

UQ WiMAXの速度制限は3種類

UQ WiMAXには3種類の速度制限があります。次の3つです。

  • ギガ放題プラン
  • フラットプラン
  • LTE回線利用時

これら三つの速度制限があるわけですが、それぞれどのような内容になっているのかを順番に解説していきます。

 

①ギガ放題プランの速度制限

ギガ放題プランの速度制限は直近3日間で通信量の合計が10GBを超えた場合に発生します。

もし10GBを超えた場合はその翌日18時~翌々日2時の8時間の間1Mbpsという速度に制限されます。

ただこのギガ放題プランの速度制限はあってないようなものです。

その理由は速度制限の時間は8時間だけと限定的ですし、1Mbpsという制限速度もネットを使うには全く問題ありません。

なのでギガ放題プランの速度制限についてはそこまで気にする必要はないでしょう。

 

②フラットプランの速度制限

注意したいのがこのフラットプラド速度制限です。

内容としては月の通信量合計が7GBを超えた場合に、月末まで128kbpsの速度制限がかかってしまいます。

128kbpsという速度制限はスマホの速度制限をイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。

スマホで速度制限がかかるともはやインターネットがまともに使えませんよね。

これと同じでフラットプランで速度制限がかかると、もはやまともにインターネットはできません。

動画の視聴はまず不可能ですし、ウェブサイトを閲覧するのも時間がものすごくかかってストレスがかかります。かろうじて出来るとすればLINEぐらいでしょうか。

もはやインターネットを使うのは不可能というレベルなので、フラットプランを契約する場合、あるいは今現在契約している方は十分注意する必要があります。

 

③LTE回線利用時の速度制限

LTE回線を利用した場合にも速度制限がかかります。

本来WiMAXを問題なく使えていればLTE回線を使うことはありませんが、仮にWiMAXのエリア外でインターネットを使う場合には、LTE回線を使うことになります。

ちなみにこのLTE回線を利用する通信モードの事をハイスピードプラスエリアモードと言います。

ハイスピードプラスエリアモードの速度制限はフラットプランと同じように厳しいものです。

月に7GBの通信量に達してしまうと128kbpsという、フラットプランと同じ厳しい速度制限がかかってしまいます。

また、このハイスピードプラスエリアモードの速度制限の厄介なところは、ギガ放題プランを選択していたとしても7GBの上限が設定されてしまうということです。

なのでWiMAXのエリア外でインターネット通信をする場合は十分に注意してください。

ただし、このハイスピードプラスエリアモードは勝手に利用されることはありません。

通信モードの切り替えは手動で行いますので、その点は安心してください。

 

UQ WiMAXの速度制限についてのまとめ

今回はUQ WiMAXの速度制限について話してきました。

3種類の速度制限があるわけですが、フラットプランやLTE回線利用時の速度制限は本当に厳しいものなので、これらの速度制限には十分注意してください。

そして厳しい速度制限が心配でしたら、やはりすぐに解除もされるギガ放題プランを選んでおけば問題ないでしょう。

仮にギガ放題プランで速度制限がかかったとしても、速度制限は8時間だけですし、制限速度もインターネットを利用するには十分な速度が出ます。

速度制限が心配な方はギガ放題プランでの契約がおすすめです。

 

■関連記事